八雲ふみね公式ブログ(シネマアナリスト・DJ 八雲ふみねのChocoっとウェブログ)

シネマアナリスト・DJ八雲ふみねオフィシャルブログ。
DJ、映画イベントMC、エッセイスト、映画コメンテーターとして精力的に活動する八雲ふみねの情報が満載!
八雲ふみねへの出演ご依頼は、
Tel. 050-3335-2465 まで!
E-mail:info@yakumox-city.com
映画『人数の町』公開記念リモート舞台挨拶<前編> 

 

 

 

 

 

9月5日、都内にて、

映画『人数の町』公開記念リモート舞台挨拶が開催。 

 

主演の中村倫也さん、石橋静河さん、吉田萌果(めいか・子役)さん、荒木伸二監督が登壇。 八雲ふみねが司会を務めました。 

 

 

 

写真は左から、荒木伸二監督、中村倫也さん、吉田萌果さん、石橋静河さん。

右端 MC・八雲ふみね。

 

 

本作『人数の町』は、2017年に発表された第1回木下グループ新人監督賞(審査員長:河鹹照監督)にて、

241本の中から準グランプリに選ばれた作品。

 

キャストは、主演に今最も勢いのある俳優・中村倫也さん。

そして令和版「東京ラブストーリー」での赤名リカ役が話題の石橋静河さん。

本作で映画初出演となる「ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー」の立花恵理さん。

「映像研には手を出すな!」に出演中の山中聡さんなどフレッシュな面々が顔を揃えました。

監督・脚本は、松本人志出演の「バイトするならタウンワーク」のCMやMVなどを多数手がける荒木伸二さんが

初の長編映画に挑戦となりました。

 

今回の舞台挨拶は、劇場での初日舞台挨拶ではなく、

無観客での「公開記念リモート舞台挨拶」を実施し、

その模様はユナイテッド・シネマアクアシティお台場にて生配信されました。

 

 

 

冒頭の挨拶で中村さん:

「これは、上映前?上映後の挨拶?上映後なんですって。 

だからといって(本作の内容について)そんなに喋らないと思いますけれど、

楽しんでいっていただければと思います」とニッコリ。 

 

 

 

 

石橋さん:

「こんにちは。観てくださってありがとうございました。楽しんでいただけたら、うれしいです」と笑顔。 

 

 

 

 

荒木監督:

「こんにちわ、映画、いかがだったでしょうか? 

新人の映画監督、荒木と申します。よろしくお願いいたします」とお辞儀。 

 

 

 

本作は、とても不思議な設定のストーリー。

 

MC 八雲から、印象に残っている撮影シーンについて訊かれた中村さん:

「印象に残っているシーン……いろんなことがあったからな。プールのシーンかな。

みんな同じ水着を着ているけれど、個性が出るシーン。

町での撮影から、プールでの撮影になったので、そういう場所ってなんか気持ちがほぐれますよね。

不思議な感覚というか。心地いい(空間)けど、芝居で会話をするとギョッとするという、不思議なバランスの空間でした。

(芝居を)やっていて楽しいって感じました。

そのへんの構成というのは、荒木監督の巧みなところなんですよね。ニクいね、ってなります」と賞賛。 

 

これに対し荒木監督:

「ありがとうございます」と丁寧に頭を下げてお礼を言うと、

 

中村さん:「そのへん、ニクいねってなりますね」と再び褒める。

 

そんな中村さんのコメントに対し、さらに荒木監督が「ありがとうございます」とお礼を述べ、

この日の舞台挨拶で「ありがとうございます」というフレーズがキーワードになりそうなことを予感させるやりとりに。

 

石橋さん:

「どのシーンもすごい不気味で面白かったです。

個人的には私が演じた紅子が妹を探す旅を始めるときに、病院に行くシーンが印象に残っています。

病院に行くシーンというとても日常の世界なのに、すごく不穏な空気が流れている。

そこから、誰を信じていいのか、誰が嘘をついているのかと考えて悩んで行く。おもしろいシーンだったなと思います」と説明。

 

ここで、荒木監督:

「ありがとうございます」

とこの日の舞台挨拶のキーワード?!で対応し、笑いを誘い。

そんな荒木監督:

「12日間、ずっと撮影をしていました。まるで戦争みたいな日々だったので、どのシーンという印象よりも、

”ここを撮影したら、次!次!”という感じで、ドンパチやって次行くぞ、その連続でした。

なので、”なんか楽しいぞ”という瞬間(を感じる)よりも、戦いのような日々でした。

充実していましたが、本当に濃かったですよね〜という印象です」と解説。 

 

中村さん:

「ありがとうございます」と笑顔で本舞台挨拶の決め台詞を言う場面も。 

 

荒木監督:

「ほっこりしたりとか、そういう瞬間があるわけでもない(映画です)。

だけどおかしみがあるようなところはあって、そこを凝縮して撮った作品でもあります」とまとめると、

 

MC八雲:

「ありがとうございます」と返答。

登壇者の「ありがとうございます」の応酬となった舞台挨拶は、終始笑い声も飛び交っていました。

 

『人数の町』のタイトルにちなんで「

MC八雲:

「もし、町長になって好きな町を作るとしたら、どんな町を作りたいか」という質問に、

 

中村さん:

「公園をいっぱい作って、ラベンダーをたくさん植えて……。そこで夜な夜なみんなで踊り明かして。

フォークギター片手にジョン・レノンを歌いたいです」と回答。

 

MC八雲からの「ピースな感じですね」というコメントを受けて、

 

中村さん:

「お前らが”イマジン”しろという世界を作りたいです」とジョン・レノンの名曲にちなみ、中村さんらしい独特の表現で説明。

さらに続けて、中村さん:

「(質問への回答が)深いですね……、ありがとうございます」と、回答、感想、締めを一人で対応するトーク術で魅了した。 

 

石橋さん:

「宇宙飛行士が訓練しているときのような、(人が)浮遊する町を作りたい」と回答。

 

中村さんが「町全部が無重力空間ってこと?」と質問すると、

 

石橋さん:

「はい!」と元気よく返答。

 

中村さんが「やりたいの?」と顔を覗き込むような動きを見せると、

 

石橋さん「1日くらいならって思います」と恥ずかしそうに笑う。

 

これに対し中村さんが

「町長だって言ってるのに、1日なの?」とツッコミを入れると、

 

石橋さん:

「1日限定で」とうれしそうに笑い、

続けて「(浮遊空間は)顔がすごい浮腫みそう」と女優らしい心配を見せていた。 

 

中村さんが「(1日)署長とかならあるけれどね」と考え込む様子を見せると 

 

石橋さん:「1日じゃダメですかね?」 

 

中村さん:「いや、できるって。諦めんなよ」と鼓舞。

 

これに対し石橋さん:

「あきらめずに頑張ります」と気合十分。

 

するとすかさず、中村さん:

「協力するよ」とフォローする息の合ったやりとりを見せました。

 

中村さん自身は石橋構想の浮遊空間の町には「行かないです」と宣言。

その理由は「楽しそうだけど、維持するのにすごいお金がかかりそうだから」と。

「全面NASAを味方につけるしかないね、そうNASAれ!」とジョークを飛ばし、取材陣の笑いを誘った。

 

盛り上がるコメントをした中村に対し、荒木監督:

「ありがとうございます」と、またまた決め台詞。

 

すかさず中村さんが「ありがとうございます」と

ここでも「ありがとうございます」のやりとりが行われた。

 

作りたい町について荒木監督:

「実際にあるかもしれないけど、島ぐらいの小さな町を舞台にしたいです。

なんか、絶望的な状況になったりすると(それだけで)町自体が変わっておもしろいと思います。

例えば、明日1日東京に車はありません。となったら、おもしろいと思いました、ありがとうございます。」

と本作で”不思議な町”を描いた監督らしい笑顔。

続けて荒木監督:

「たしか、中国でそんな町があったと思います。突然町の車がなくなる。

そんな状態に途中からなったら、おもしろいですよね。人が急にいなくなったりしたら……。

(町に)何かを足していくより、引いていくほうがおもしろいと思いました。

ヌーディストビーチみたいな町かな。引くことで人間変わるぞ。というところを見たいです」

と構想のイメージを明かし、解説。

 

MC八雲:

「いろいろな町ができそうですね」 

 

荒木監督:「ありがとうございます」と回答。

 

すると中村さん:

「(ありがとうございますばかりが飛び交う舞台挨拶を)あいつらやべーんじゃないかっていう感じになってませんかね」と心配する様子も見せていらっしゃいました。 

 

ツイッターで募ったお客様からの質問に答えるコーナーに。

ここでも中村さん、石橋さんが「ありがとうございます」を合計4回繰り返す場面も。

 

MC八雲からの

「ルールがわからないものに挑戦するとき、バイブル(説明書)は熟読するタイプなのか、実戦で試していくタイプなのか」という質問に、 

 

中村さん、石橋さん、荒木監督は声を揃えて「実戦派!」と回答。

 

中村さん:「こういう仕事をしていると、そういう場面に出くわすことが多いですよね」

 

荒木監督:「それ、ルールだったんだ、って後からわかることも多い」と笑顔を。

 

中村さん:「やってみてから考えるみたいなところがありますね」と、撮影現場では臨機応変な対応力が求められることを明かす。

 

中村さんが、「電化製品とかは説明書読んでますか?」と質問すると、

 

荒木監督:「読まないですね。押して使えなかったらダメなんだって思います」とまさかの告白。

 

これに対し、中村さんは「見よう!ネットでも見れるから(笑)」とアドバイスする場面も。 

 

 

 

これに対し中村さんは電化製品とかはなんとなく使い方がわかるとしながら、「よりよい機能は読んで試す、深掘りするときは読みます」とコメント。

 

石橋さんも「やってみればなんとなくわかるなって思っています。もし、使えない機能があっても、自分がほしいって思ってないなら、それは必要ない機能だし」と解説に。

これには中村と荒木監督が大笑いする場面も。

 

ここで中村さんが、石橋さんの瞳を見ながら「何、うるうるしてんの?」とツッコミを入れ、

先日の完成披露会見でも中村が触れていた”石橋の瞳の美しさ”を思わせるやりとりとなりました。

 

続けて中村さんが「便利な世の中になったんですね。素晴らしいですね」とコメントを披露すると、

 

荒木監督が「どうしたんですか?」と質問。

 

これに対し、中村さん:

「いろんな企業を敵に回したくないなって思って」と笑顔で返答し。 

ここでもまた3人が揃って「ありがとうございます」と締めくくっていた。

 

Twitterに寄せられた質問の数について中村さん:

「7万通来たみたいですよ。その中で選ばれた質問のひとつです」と説明。

7万通という数字に報道陣から「お〜」という驚きの声が上がると、

中村さん:

「って石橋さんが言ってました」とおどけた表情を。

 

 

ここでMC 八雲ふみねから「監督に内緒でサプライズゲストがいらっしゃっています」というアナウンスが…… 

 

この続きは、

 

映画『人数の町』公開記念リモート舞台挨拶<後編>

 

にてご覧ください!! (Coming soon)

 

 

 

 

 

 

関連情報はコチラ♫ 

 

映画『人数の町』公開記念リモート舞台挨拶<後編> (Coming soon)ps

 

://t『人数の町』中村倫也主演! あなたも“町”の住人になってみる!?witter.com/yakumofumine/status/1301864532306919424?s=20

https://twitter.com/yakumofumine/status/1301864532306919424?s=https://twitter.com/yakumofumine/status/1301864532306919424?s=20 

The Town of Headcounts 

 

週末レコメンズ !! 

 

あなたは何曜日の中村倫也が好き!?

 

 

また、 

 

Fumine Yakumo (八雲ふみね) Facebook ページでもどうぞ♫ (Coming soon) 

 

 

 

映画『人数の町』については、

 

コチラもご覧ください!! 

 

 

here!!

 

 

 

また、 

 

Fumine Yakumo (八雲ふみね) Facebook ページでもどうぞ♫  (Coming soon)

 

 

 

 

 

 

 

人数の町 
 

【スタッフ】 

脚本・監督:荒木伸二 
音楽:渡邊琢磨 

 

【キャスト】 

中村倫也、石橋静河、立花恵理、橋野純平、植村宏司、菅野莉央、松浦祐也、草野イニ、川村紗也、柳英里紗 / 山中聡 

 

2020年9月4日(金)から新宿武蔵野館ほか全国ロードショー 

(C)2020「人数の町」製作委員会 

 

 

Check!!

 

 

 

  

film  

The Town of Headcounts 

   
【Staff】 
Directed by / Written by Shinji Araki 
Music by Takuma Watanabe    
  
【Starring】

Tomoya Nalamura

Shizuka Ishibashi 

Eri Tachibana

Junpei Hashino 

Koji Uemura

Rio Kanno 

Yuya Matsuura 

Ini Kusano

Saya Kawamura 

Erisa Yanagi

Satoshi Yamanaka 

  
Production companies:Kinoshita Group / cogitoworks    

Distributed by Kino Film (Japan)  

Release Date:Sep. 4, 2020 (Japan)  
  
  
 Japanese dystopia mystery film  
 
 

check!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

more!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

जुमांजी: द नेक्स्ट लेवल 

 

Джуманджи: Новый уровень

 

쥬만지: 새로운 세계

 

野蠻遊戲:瘋狂叢林

 

جومانجي: مرحبا بكم في ا

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     team_yakumox staff M wrote.


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:エンターテイメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む >>
| DJ/NAVIGATOR | 23:25 | comments(0) | - | ↑TOP -
綾野剛 その演技力、ハンパじゃない!! 

 

 

 

 

 

GO AYANO       

 

 

 

 

 

 

 

映画コメンテーター・DJ 八雲ふみねのコレ観てぇ〜。



今回は…!? 

 

 

 

 

 

『そこのみにて光輝く』役者・綾野剛の魅力を存分に堪能できる… 

 

 

※写真は『日本で一番悪い奴ら』より 

 

 

映画にドラマに、いまや出演オファーが絶えることがない“日本一忙しい俳優”のひとり、綾野剛。 

先日まで放送されていた「MIU404」でも多くの視聴者の心を揺さぶり、

星野源や菅田将暉との共演も話題となりました。 

 

今後も、出演作が目白押し。その活躍は、目を見張るものがあります。 

 

そこで今回は、綾野剛の出演映画…………をご紹介します。 

 

 

この続きは、

 

コチラをご覧ください!! 

 

 

 

here!! 

 

 

関連情報はコチラ♫ https://twitter.com/yakumofumine/status/1301864532306919424?s=20

https://twitter.com/yakumofumine/status/1301864532306919424?s=https://twitter.com/yakumofumine/status/1301864532306919424?s=20 

Go!! Go Ayano 

 

コラムDailyランキング1位!ありがとうございます! 

 

劣化ゼロ! 美しすぎる仲間由紀恵を観るなら、この映画!!!! 

 

常に旬! 新垣結衣、何度観ても飽きない魅力♫ 

 

休業要請緩和後の映画館に、新作映画が戻って来た!!!  

 

「凄い!」と感じさせないところがスゴイ! 大泉洋さんの俳優としての凄さに迫る!!!  

 

圧倒的な透明感で観客を魅了する! 綾瀬はるか出演映画4選!!!

 

コロナ禍を生き延びるために…「仮設の映画館」で映画を公開する意義!! 

 

ステイホーム週間、子どもと一緒に映画を楽しもう!!! 

 

女性の生き方とは…いま、SNSで賛否を巻き起こしているドラマ!! 

 

ステイホーム週間にイッキミしてみませんか!!

 

ステイホーム週間は、自宅で「長澤まさみ祭」だっ!!!!  

 

八雲ふみねのコレ観てぇ〜 週末オススメ!シネマセレクション🎶 

 

長澤まさみ × 東出昌大 ×小日向文世、あのトリオがスクリーンに!

 

週末オススメ!シネマセレクション!!! 

 

市原悦子、私たちを魅了した映画出演作♫ 

 

木村拓哉が満を持して初の刑事役に挑む!!!  

 

もう20歳?! まだ20歳!? 女優・広瀬すずの魅力に迫る! 

 

2017年ベストムービー<邦画編> 

 

稀代のカメレオン俳優!菅田将暉の魅力満載の映画4選!! 

 

小栗旬・菅田将暉・橋本環奈・長澤まさみ・堂本剛、実写化したらこんなに似てしまいました!! 

 

岡田准一・小栗旬・柄本佑〜幼なじみが刑事・容疑者・被害者!? 

 

長澤まさみ・MISIA・大橋卓弥・トレエン斎藤が大熱唱♫『SING/シング』 

 

誰かに‘会いたく’なる映画 

 

海街diary 

 

 

また、 

 

Fumine Yakumo (八雲ふみね) Facebook ページでもどうぞ♫ (Coming soon) 

 

 

そこのみにて光輝く(2014年)
Blu-ray&DVD発売中 デジタル配信中 

 

【スタッフ】 

監督:呉美保 
原作:佐藤泰志「そこのみにて光輝く」(河出文庫) 
脚本:高田亮 
音楽:田中拓人 

 

【キャスト】 

綾野剛、池脇千鶴、菅田将暉、高橋和也、火野正平、伊佐山ひろ子、田村泰二郎 

 

 

 

Check!!

 

 

 

『そこのみにて光輝く』(※写真はAmazonより)   

 

film  

The Light Shines Only There 

   
【Staff】 
Directed by Mipo O  
Produced by Hideki Hoshino  
Based on a novel "The Light Shines Only There" by Yasushi Sato, published by Kawade Shobo Shinsha Publishers  
Written by Ryo Takada  
Music by Takuto Tanaka 
  
【Starring】
Gō Ayano as Tatsuo Sato  
Chizuru Ikewaki as Chinatsu Ohshiro  
Masaki Suda as Takuji Ohshiro  
Kazuya Takahashi as Nakajima  
Shōhei Hino as Matsumoto  
Hiroko Isayama as Kazuko Ohshiro  
Taijiro Tamura as Taiji Ohshiro
  
 
 Japanese drama film  
 

 

more!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    team_yakumox staff M wrote.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:エンターテイメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む >>
| DJ/NAVIGATOR | 22:14 | comments(0) | - | ↑TOP -
『ほぼ日の怪談。』完成発表記者会見 

 

 

 

 

 

8月20日、東京・F studio SHIBUYAにて、

ドラマ『ほぼ日の怪談。』完成発表記者会見が開催。 

 

主演の笠原桃奈さん(アンジュルム)、伊勢鈴蘭さん(アンジュルム)、小関舞さん、共演の染谷俊之さん、都丸紗也華さんが登壇。 八雲ふみねが司会を務めました。 

 

 

 

写真は左から、小関舞さん、染谷俊之さん、笠原桃奈さん、都丸紗也華さん、伊勢鈴蘭さん、

右端 MC・八雲ふみね。

 

 

『ほぼ日の怪談。』は、糸井重里が主宰している国内屈指の人気サイト『ほぼ日刊イトイ新聞』内で、

2004 年から16 年続く人気連載。
夏に期間限定で「自分が経験した怪談」「経験した本人から直接聞いた怪談」のみを読者から募集している長寿企画です。

2018 年8月に文庫化され、2020年 夏、新旧ハロー!プロジェクトメンバー9 名を主演に実写ドラマ化さレました。

 

 

 

第3 話『高笑いする女』に主演の笠原さんは、

本作でテレビドラマ初挑戦だったそうで、オファーを受けた際の心境を聞かれると

「舞台では何度か演技を経験させていただいていたんですけど、セリフが多い役をやっていたわけではないので、

アンジュルムから私と伊勢鈴蘭ちゃんということが意外で、聞いたときは驚きましたし、

自分自身にも演技というイメージがなかったので、挑戦だなと思いました」と回顧。

テレビドラマでの演技を経験しての感想については

「ホラーという独特な演技だったので、とても緊張したんですけど、演じる楽しさを知って“演技って楽しいな”って気付きました。

今回は女子大学生役だったんですけど、本当は現役高校生なので、鈴蘭ちゃんみたいに制服を着て演技をやってみたいなって思いました」と女優業に意欲を。

 

 

 


第5 話『残された想い』に主演する伊勢さんは、演技自体が初めてだったそうで

「初めてがホラーということで、難しいんじゃないかなと不安だったんですけど、

小さい頃からミュージカルが大好きだったので、見てきたものを生かして頑張ろうと思いました。

オファーをいただいたときは嬉しかったです」と声を弾ませ、

「やっていく中で、自分で考えてやるという演じ方だったり、撮影のやり方を一から知ることができたので、

本当にいい勉強になったなと思います」とも。

 

 

 


第6 話『本の匂いを嗅ぐ』に主演する小関さんは、

脚本を読んでの感想や、撮影に参加しての思いを聞かれると

「私自身、普段、本をまったく読まない人だったので“大丈夫かな”って思ったんですけど、匂いを嗅ぐことはすごく好きで、

地下鉄の匂いが好きっていう独特な匂いフェチを持っているので、そういう部分では役と一緒の部分があるのかなと思いました」

と話し、

「本の匂いを嗅ぐとイメージが湧くという脚本だったんですけど、その部分をどう表現したらいいのか考えて、

自分なりに想像してみて撮影を頑張りました」と苦労を明かしました。

 

 

 

 

同じ質問に、第7 話『思い出した回答』に出演する染谷さんは、

「廃校になる母校にたまたま集まった3 人が、コックリさんをやるというお話で、僕は今年で33 歳になるんですけど、

33 歳でコックリさんをやるのが恥ずかしかったですね」と振り返り、

笠原がコックリさんをやったことがないと打ち明けると、
「ですよね…。ジェネレーションギャップを感じています」と吐露して笑いを誘いました。

 

 

 


また、第9 話『あの人はどこにいるの?』に出演する都丸さんは、もともと怖いものが苦手だそうで

「このドラマをいただいて嬉しかったんですが、怖いシーンが大丈夫かなと不安だったんですけど、
撮影現場に行ったらスタッフさんが温かくて、安心して撮影に挑めました」と安堵の表情を浮かべ、

「主演の西田汐里さんがすごくかわいくて、えくぼがあってずっと“かわいい”って思っていました。

『ドラマは初めて』って言っていたんですけど、私よりも堂々として、しっかりとしていて、見習わなきゃなって思いました」

と刺激を受けたそう。

 


さらに、本作の内容にちなみ“背筋が冷やっとしたエピソード”を聞かれると、

笠原さんは都内の某会場でアンジュルムの舞台に出演した際の話を始め

「私が本番中に階段を移動していたときに、後ろから私の足音じゃなくて不規則な足音が聞こえてきて、

ビビリなので全速力で駆け上がって逃げたんですけど、メンバーに話しても信じてもらえなくて、

ほかの機会に別のハロー!プロジェクトのグループがその会場で舞台をするということで見学に行かせていただいたら、

その階段の下に盛り塩が置いてあったんです!」と目を丸くし、

「本当に何かあったのかなって気付いて、勘違いじゃなくて何かが私を追ってきていたのかなと思ったことが印象的な出来事です」

とコメント。


伊勢さんは、数日前に経験したことだそうで

「お仕事から帰ってきたときはすごく元気だったんですけど、30 分後くらいに眠気とだるさが襲ってきて、

すぐに寝たんですけど悪夢に襲われたみたいで、夢の内容は覚えていないんですけど、

朝起きたら泣いていて、そのあとも10 分くらい泣き続けました。あとで考えたら“なんで泣いていたんだろう”って思いました」

とエピソードを披露。


そして、小関さんは2 年前に高校の友人と海に遊びに行った際の出来事として

「海をバックに写真を撮っていたら、海の奥のほうから小さい男の子の『グワー!』って叫び声が聞こえたんです」

と興奮気味に語り、

「友だちは“何が?”って感じで、周りには誰もいなくて、私しかその声を聞いていなくてゾッとしました。」

と告白して報道陣を震え上がらせました。

 

 

 

 

ドラマ『ほぼ日の怪談。』は、 

2020年8月23日(日)19:00からひかりTV、dTV チャンネルにて配信決定! 
さらに、8月26日(水)23:00より、テレビ神奈川にて放送決定!  

 ※放送時間が変更になる可能性がございますので、ドラマ公式サイトでご確認ください。 

 

 

 

ドラマ『ほぼ日の怪談。』については、

 

コチラもご覧ください!! 

 

 

here!!

 

 

 

また、 

 

Fumine Yakumo (八雲ふみね) Facebook ページでもどうぞ♫  (Coming soon)

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ日 × ハロプロ  

ドラマ『ほぼ日の怪談。』 

 

【各話監督&キャスト】 

第1話 監督・脚本:山田雅史 出演:清水佐紀 

第2話 監督・脚本:永江二朗 出演:須藤茉麻、小池里奈 

第3話 監督・脚本;永江二朗 出演:笠原桃奈(アンジュルム)、るうこ 

第4話 監督・脚本:山嵜晋平 出演:中島早貴、君島光輝、橘ひと美、山田奈保 

第5話 監督・脚本:永江二朗 出演:伊勢鈴蘭(アンジュルム)、松岡拳紀介、高橋璃央 

第6話 監督・脚本:鳥居康剛 出演:小関舞、朝倉ふゆな 

第7話 監督・脚本:山嵜晋平 出演:須藤茉麻、佐藤匠、染谷俊之 

第8話 監督・脚本:鳥居康剛 出演:橋本愛奈 

第9話 監督・脚本:平波亘 出演:西田汐里(BEYOOOOONDS)、都丸紗也華、正木佐和 

第10話 監督・脚本:鳥居康剛 出演:中島早貴、高橋かすみ 

第11話 監督・脚本:永江二朗 出演:高瀬くるみ(BEYOOOOONDS) 

第12話 監督・脚本:永江二朗 出演:清水佐紀、森田亜紀 

 

原案:「ほぼ日の怪談。」(ほぼ日ブックス) 

制作:ドラマ「ほぼ日の怪談。」製作委員会 
制作:TBSグロウディア 

制作プロダクション:キャンター 

 

2020年8月23日(日)19:00からひかりTV、dTV チャンネルにて配信決定! 
さらに、8月26日(水)23:00より、テレビ神奈川にて放送決定!  

 ※放送時間が変更になる可能性がございますので、ドラマ公式サイトでご確認ください。 
(C)ほぼ日/2020「ほぼ日の怪談。」製作委員会 

公式サイト https://www.tvk-yokohama.com/hobonichikaidan/

 

 

 ※ 「dTV チャンネル」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

 

 

 

 

 

Hobonichi   

 

more!!

 

 

 

 

 

 

 

 

drama  

Hobonichi no Kaidan   

 

 

 

 Japanese horror    

 

 

check!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

जुमांजी: द नेक्स्ट लेवल 

 

Джуманджи: Новый уровень

 

쥬만지: 새로운 세계

 

野蠻遊戲:瘋狂叢林

 

جومانجي: مرحبا بكم في الأدغال

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Japanese horror  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     team_yakumox staff M wrote.


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:エンターテイメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| DJ/NAVIGATOR | 12:26 | comments(0) | - | ↑TOP -
『ロックンロール・ストリップ』初日舞台挨拶 

 

 

 

 

 

8月14日、東京・テアトル新宿にて、

映画『ロックンロール・ストリップ』初日舞台挨拶が開催。 

 

主演の後藤淳平( お笑いコンビ・ジャルジャル )さん、木下半太監督が登壇。 
八雲ふみねが司会を務めました。 

 

 

 

写真は右から、木下半太監督、後藤淳平さん、

左端 MC・八雲ふみね。

本作は、大阪のストリップ劇場を舞台に、映画監督を夢見る劇団座長が売れない劇団員とともに、奇跡のパフォーマンスを繰り広げる痛快エンターテインメント。

 

ジャルジャル後藤淳平さん“初”の映画単独主演を飾り、

作家で俳優の木下半太さんが自身原作の自伝的小説 「ロックンロール・ストリップ」 を自らがメガホンをとり、

長編映画監督デビューという25年越しの夢を本作にて叶えました。

 

後藤淳平さん

 

 

 

木下半太監督

 

 

本作は、大阪のストリップ劇場を舞台に、映画監督を夢見る劇団座長・木村勇太(後藤)が、売れない劇団員とともに奇跡のパフォーマンスを繰り広げる痛快エンターテインメント。

 

木下監督は、冒頭の挨拶で

「25年前から映画の初日にはこう言おうと決めていました。『映画監督になったぞー!』」とガッツポーズ。

 

本作で映画単独初主演を務めた後藤さんは

「僕は精一杯やらせてもらったんですけど、何より夢が叶った監督のお手伝いができたということが幸せです。現場でも目をキラキラさせて、めちゃくちゃ楽しそうでした」と監督を祝福。

 

続けて、木下監督が、

「25年待って叶った夢なので嬉しすぎて、撮影初日のクランクインが朝7時くらいだったんですけど、最初の『よーい、スタート!』を興奮しすぎて叫びすぎて、近所から苦情か来たんですよ」と裏話を披露するなど、会場を沸かせました。

 

自身と木村勇太役の似ているポイントを聞かれた後藤さんは、

「似ているところはピンチが起きても足掻くことをやめないというか、足掻き続けるところは似ているなって思いますね」、

「僕たちもオーディションが受からなかったり、いろんな試行錯誤をして、足掻いて足掻いて新しい形が見えてくるところは似ているなと思います」としみじみ語り、

「似ていないところは見た目。見た目は違うなと初めてお会いしたときに思いました」とぶっちゃけ、監督を笑わせました。

 

 さらに、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の“踊りたくない芸人”に出演したことがある後藤さんが、劇中でダンスを披露していることが話題に上がると、会場からはクスクスと笑いが。

これに後藤さんは「『頑張った!』っていうのは恥ずかしいんですけど、あれは本当に頑張りました」と吐露して拍手を浴び、

木下監督が「あのダンスだけで朝から(次の日の)朝までやりました」と告白すると、

後藤さんは「不安な顔で踊るのはやめてくれと。顔を作っていたらなんとか形になるからと監督からアドバイスをいただきました」と当時を振り返ってらっしゃいました。

 

厳しいダンスの先生につきっきりで指導いただいたという後藤さんは、

「今までで1番わかりやすく教えてくださいました。専門用語、一切なし!」と笑顔で語り、

木下監督が「その先生は普段、小さい子を教えているんですよ。それが良かったんじゃないかなと思います」と分析すると、

後藤さっmは「確かに、子どもに教えるように丁寧にできるまで。笑わずずっと教えてくださいました!」と

初日の劇場に駆けつけてくれた同先生に感謝。

 

 今作で、映画監督デビュー&映画単独初主演を果たし、夢を叶えたお2人は、“これから叶えたい夢”を聞かれると、

後藤さんは「僕らはネタを中心に、今できることをコツコツやりながらみなさんに楽しんでいただいて、楽しんでいただける人をどんどん増やしていろんな人に楽しんでいただきたい。

ゆくゆくは国境を超えて海外の方にも楽しんでいただけるようなエンターテイナーになれたらなと思っております」と目を輝かせ、「そのあとは、宇宙で無重力状態でネタをしたいなという話も最近チラッと出ています」とコメントして観客を笑いを誘いました。

 

 同じ質問に、木下監督は

「まだ劇団をやっていて、コロナで公演が打てない状態ではあるんですが、オンライン劇をやって今もがいているので、今のこの映画を見て“変わってないな。今も一緒やなあ”と。最後の(シーンの)仏壇の写真は俺の親父の写真で、それを映画で使えて、かつ自分の息子が見に来ているというのが、“なんて俺の人生エモいんだ”と思って…」と感慨深げ。

「僕の夢というよりは、自分の息子たちに『夢は諦めるなよ』ってことはこれからも言っていきたいなと思います」とニッコリ。

さらに「ただ息子たちの今の夢が、(ゲームの)フォートナイトのプロになるって。『稼ぐから安心して』って言われました」とオチをつけて会場には笑いが。

 

 

尚、今回の初日舞台挨拶は、新型コロナウィルスによる緊急事態宣言解除後、

テアトル新宿でお客様を動員して開催される初めての初日舞台挨拶となりました。 

 

その実施につきましては様々な検討・協議を行われ、

この映画を応援して下さる皆様に直接感謝をお伝えしたく、国・都の感染拡大防止ガイドラインを遵守。

またさらに防止策を強化した上で、開催させていただく運びとなりました。

ご来場いただき、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

映画『ロックンロール・ストリップ』は、 
2020年8月14日(金)から

テアトル新宿(東京)・第七藝術劇場(大阪)ほか全国順次公開中! 

 

 

 

映画『ロックンロール・ストリップ』については、

 

コチラもご覧ください!! 

 

 

here!!

 

 

 

また、 

 

Fumine Yakumo (八雲ふみね) Facebook ページでもどうぞ♫  (Coming soon)

 

 

 

 

 

 

 

後藤淳平“初”単独主演 × 木下半太 長編映画“初”監督作品  

ロックンロール・ストリップ 

 

【スタッフ】

監督・脚本:木下半太 
原作:木下半太「ロックンロール・ストリップ」(小学館文庫刊) 
音楽:Calmera 

 

【キャスト】 

後藤淳平(ジャルジャル)、徳永えり、智順、三戸なつめ、坂口涼太郎、ぎぃ子、町田悠宇、品川祐(品川庄司)、村田秀亮(とろサーモン)、堤下敦(インパルス)、佐田正樹(バッドボーイズ)、宇野祥平、深沢敦、乃緑、綾部リサ、大川成美、後藤拓斗、内藤光佑、立山誉、西郷豊、保土田充、黒岩よし、ふーみん、田中慎也、あだち理恵子、伊舞なおみ、Calmera、やべきょうすけ、木下ほうか

 

8月14日(金)からテアトル新宿(東京)・第七藝術劇場(大阪)ほか全国順次公開中! 

(C)木下半太・小学館/タッチアップエンターテインメント 

 

 

 

 

 

 

 Rock’n’roll Strip 

 

more!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Japanese comedy film

 Rock’n’roll Strip 

 

 

check!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

जुमांजी: द नेक्स्ट लेवल 

 

Джуманджи: Новый уровень

 

쥬만지: 새로운 세계

 

野蠻遊戲:瘋狂叢林

 

جومانجي: مرحبا بكم في الأدغال

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Japanese comedy film 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     team_yakumox staff M wrote.


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:エンターテイメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む >>
| DJ/NAVIGATOR | 18:49 | comments(0) | - | ↑TOP -
グレタ・ガーウィグ映画祭 

 

グレタ・ガーウィグ映画祭開催決定! 


『レディ・バード』

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
7月31日(金)から、二作連続上映!
 


映画界最高のカップル、シアーシャ&シャラメが魅せる
グレタ監督流愛のカタチ。 


二人のラブストーリーを映画館でたっぷり堪能できる、至福の<229分>! 

 

グレタ・ガーウィグ映画祭  

【実施日】7月31日(金)〜8月6日(木)の1週間限定   

  ※上映時間およびチケット販売方法、販売状況は各劇場の上映スケジュールをご覧ください  

【チケット料金】2,500円(税込)均一  

【実施劇場】TOHOシネマズ 日比谷/TOHOシネマズ 梅田  

【上映作品】『レディ・バード』『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』連続上映 

 

イベント詳細はコチラ♫ 

 

 

 

 

『レディ・バード』については

コチラもご覧ください♬ 

 

 

 

 

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』については

こちらをご覧ください♫ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レディ・バード 

 

【スタッフ】 
監督・脚本:グレタ・ガーウィグ

 
【キャスト】 

シアーシャ・ローナン、ローリー・メトカーフ、トレイシー・レッツ、ルーカス・ヘッジズ、ティモシー・シャラメ、ビーニー・フェルドスタイン、スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン、ロイス・スミス ほか
©2017 InterActiveCorp Films, LLC.

 

here!! 

 

 

 

 

 

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語 

 

【スタッフ】 
監督・脚本:グレタ・ガーウィグ  
原作:ルイーザ・メイ・オルコット 
音楽:アレクサンドル・デスプラ 

 

【キャスト】 
シアーシャ・ローナン、エマ・ワトソン、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレン、ローラ・ダーン、ティモシー・シャラメ、ルイ・ガレル、クリス・クーパー、ボブ・オデンカーク、ジェームズ・ノートン、メリル・ストリープ 
 

 

here!!

 

 

 

 

Lady Bird  

 

【STAFF】  

Directed by / Screenplay by Greta Gerwig 

 

【Starring】 

Saoirse Ronan as Lady Bird McPherson  

Laurie Metcalf as Marion McPherson  

Tracy Letts as Larry McPherson  

Lucas Hedges as Danny O'Neill  

Timothée Chalamet as Kyle Scheible  

Beanie Feldstein as Julie Steffans  

Stephen McKinley Henderson as Father Leviatch 

Lois Smith as Sister Sarah Joan  

 

Production companies 

:IAC Films (presents)    

:Scott Rudin Productions   

:Entertainment 360 

 

Distributed by

:A24 (United States)    

:Universal Pictures / Focus Features (International) 

:TOHO-TOWA COMPANY(Japan) 

 

Release dates 

:September 1, 2017 (Telluride)    

:November 3, 2017 (United States) 

:June 1, 2018 (Japan) 

 

 

 American coming-of-age comedy-drama film 

 

Check!! 

 

 

 

 

Little Women 

 

【STAFF】  

Directed by / Screenplay by Greta Gerwig 

Based on the novel by Louisa May Alcott  

Music by  Alexandre Desplat   

 

【Starring】 

Saoirse Ronan as Jo March 

Emma Watson as Meg March 

Florence Pugh as Amy March 

Eliza Scanlen as Beth March 

Laura Dern as Marmee March 

Timothée Chalamet as Laurie 

Louis Garrel as Friedrich Bhaer 

Chris Cooper as Mr. Laurence 

Bob Odenkirk as Father March 

James Norton as John Brooke 

Tracy Letts as Mr. Dashwood 
Jayne Houdyshell as Hannah 

Meryl Streep as Aunt March

 

Production companies 

:Columbia Pictures 

:Regency Enterprises  

:Pascal Pictures  

:Sony Pictures Entertainment (SPE) 

 

Distributed by 

:Columbia Pictures (United States)   

:Sony Pictures Entertainment (Japan) 

 

Release dates

:December 25, 2019 (United States) 

:June 12, 2020 (Japan) 

 

 

 American coming-of-age period drama film  

 

 

Check!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    team_yakumox staff M wrote.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

JUGEMテーマ:エンターテイメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む >>
| DJ/NAVIGATOR | 09:12 | comments(0) | - | ↑TOP -
神奈川県初導入のDOLBY CINEMA(TM)のオープニング作品 

 

 

 

 

 

6月24日に横浜駅直結の映画館としてオープンした「T・ジョイ横浜」。

 

神奈川県初導入となるDOLBY CINEMA(TM)(ドルビーシネマ)のオープニング作品として、

『ベイビー・ドライバー』がT・ジョイ横浜にて上映されています。

 

本作がドルビーシネマで国内上映されるのは初で、

7月3日からは、全国のドルビーシネマでも上映中。 

 

『ベイビー・ドライバー』は、エドガー・ライト監督、アンセル・エルゴート主演で2017年に公開。

全世界興行収入2億ドルを超える大ヒットとなったカーアクション作品です。

 

「興奮のカーアクション・ミュージカル!」「空間と音楽の共鳴が絶妙!」「エドガー・ライトの最高作!」など、

その爽快感や疾走感と感動で満足度も評判も非常に高く、日本公開当時はリピーターも続出しました。

 

さらにはサントラCD輸入盤が売切れとなり、国内盤が緊急発売されるなど、

音楽ファンにも映画ファンにも愛されている作品です。 

 

『ベイビー・ドライバー』のT・ジョイ横浜でのドルビーシネマ上映は、

7月30日(木)22:00〜のレイトショーで終了の予定とか。

 

まだの人は、ティ・ジョイ横浜で是非!!

 

 

 

『ベイビー・ドライバー』については、

 

コチラをご覧ください!! 

 

 

 

 

 

here!

 

 

 

 

関連記事はコチラ♫ 

 

アンセル・エルゴート登壇 『ベイビー・ドライバー』初日舞台挨拶 

 

エドガー・ライト監督来日 『ベイビー・ドライバー』Fan’s Voice独占試写会   

 

イギリスの鬼才エドガー・ライト監督、オリジナル脚本でハリウッド進出! 

 

Updated!! “BABY DRIVER” Version 

 

アドレナリンが止まらない!ジャンルで言うなら、カーチェイス・ミュージカル?!『ベイビー・ドライバー』

 

 

また、 

 

Fumine Yakumo (八雲ふみね) Facebook ページでもどうぞ♫ (Coming soon) 

 




        

ベイビー・ドライバー  

 

【スタッフ】 

監督・脚本:エドガー・ライト 

製作:ニラ・パーク / エリック・フェルナー / ティム・ビーヴァン 

製作総指揮:エドガー・ライト / レイチェル・プライアー / ジェームズ・ビドル / アダム・メリムズ / ライザ・チェイシン / ミシェル・ライト 

撮影:ビル・ポープ 

プロダクション・デザイン:マーカス・ローランド 

編集:ポール・マクリス / ジョナサン・エイモス 

音楽:スティーブン・プライス 

衣装デザイン:コートニー・ホフマン 

 

【キャスト】 

アンセル・エルゴート:ベイビー 

リリー・ジェームズ:デボラ    

ケビン・スペイシー:ドク 

ジェイミー・フォックス:バッツ 

ジョン・ハム:バディ    

エイザ・ゴンザレス:ダーリン 

ジョン・バーンサル:グリフ 

CJ・ジョーンズ:ジョゼフ 

フリー:エディ 

スカイ・フェレイラ:ベイビーの母 

ラニー・ジューン:JD 

ビッグ・ボーイ:レストランの常連#1 

キラー・マイク:レストランの常連#2 

ポール・ウィリアムズ:ブッチャー 

ジョン・スペンサー:看守 

ウォルター・ヒル:裁判所通訳 

 

制作プロダクション

:ビッグ・トーク・プロダクションズ 

:ワーキング・タイトル・フィルムズ 

:メディア・ライツ・キャピタル 

配給:ソニー・ピクチャーズ 

2017年8月19日から新宿バルト9ほか全国ロードショー  

 

 

 

【サウンドトラック収録曲】 

1. Bellbottoms - Jon Spencer Blues Explosion 

2. Harlem Shuffle - Bob & Earl 

3. Egyptian Reggae - Jonathan Richman & The モダン・ラヴァーズ 

4. Smokey Joe's La La - Googie Rene 

5. Let's Go Away for Awhile - ザ・ビーチ・ボーイズ 

6. B-A-B-Y - カーラ・トーマス 

7. Kashmere - Kashmere Stage Band 

8. Unsquare Dance - デーヴ・ブルーベック・カルテット  

9. Neat Neat Neat - ダムド 

10. Easy (Single Version) - コモドアーズ 

11. Debora - T. Rex 

12. Debra - ベック 

13. Bongolia - Incredible Bongo Band 

14. Baby Let Me Take You (In My Arms) - The Detroit Emeralds 

15. Early in the Morning - アレクシス・コーナーズ・ブルース・インコーポレイテッド 

16. The Edge - デヴィッド・マッカラム 

17. Nowhere to Run - マーサ・リーヴス&ザ・ヴァンデラス 

18. Tequila - The Button Down Brass 

19. When Something Is Wrong with My Baby - Sam & Dave 

20. Every Little Bit Hurts - ブレンダ・ハロウェイ 

21. Intermission - ブラー 

22. Hocus Pocus (original single version) - Focus 

23. Radar Love (1973 single edit) - Golden Earring 

24. Never, Never Gonna Give Ya Up - バリー・ホワイト  

25. Know How - ヤングMC 

26. Brighton Rock - クイーン 

27. Easy - スカイ・フェレイラ 

28. Baby Driver - サイモン&ガーファンクル 

29. Was He Slow? (credit roll version) - Kid Koala 

30. Chase Me (featuring Run the Jewels and Big Boi) - デンジャー・マウス 

 

 

 

Check!

 

 


 

 

 

film 

Baby Driver 
 
【Staff】 
Director / Screenplay by Edgar Wright 
Producer:Nira Park/Eric Fellner/Tim Bevan 
Executive Producer:Edgar Wright/Rachael Prior/James Biddle/Adam Merims/Liza Chasin/Michelle Wright
Associate Producer:Leo Thompson   
Cinematography:Bill Pope 

Production Design:Marcus Rowland 

Film Editing by Jonathan Amos/Paul Machliss 

Music:Steven Price 

Costume Design by  Courtney Hoffman 

 
【Starring】 
Ansel Elgort / Baby 
Lily James / Debora 
Kevin Spacey / Doc 
Jamie Foxx / Bats 
Jon Hamm / Buddy 
Eiza González / Darling 
Jon Bernthal / Griff 
CJ Jones / Joseph 
Flea / Eddie 
Lanny Joon / JD 
Sky Ferreira / Baby's Mom 
Lance Palmer / Baby's Dad 
Hudson Meek / Young Baby
Big Boi / Restaurant Patron # 
Killer Mike / Restaurant Patron #2 
Paul Williams / The Butcher 
Jon Spencer / Prison Guard 
Walter Hill / Courtroom Interpreter (voice) 
Micah Howard / Barista 
Morgan Brown / Street Preacher 

 

【Soundtrack Listing】 

1. Bellbottoms - Jon Spencer Blues Explosion 

2. Harlem Shuffle - Bob & Earl 

3. Egyptian Reggae - Jonathan Richman & The Modern Lovers 

4. Smokey Joe's La La - Googie Rene 

5. Let's Go Away for Awhile - The Beach Boys 

6. B-A-B-Y - Carla Thomas 

7. Kashmere - Kashmere Stage Band 

8. Unsquare Dance - Dave Brubeck 

9. Neat Neat Neat - The Damned 

10. Easy (Single Version) - The Commodores 

11. Debora - T. Rex 

12. Debra - Beck 

13. Bongolia - Incredible Bongo Band 

14. Baby Let Me Take You (In My Arms) - The Detroit Emeralds 

15. Early in the Morning - Alexis Korner 

16. The Edge - David McCallum 

17. Nowhere to Run - Martha and the Vandellas 

18. Tequila - The Button Down Brass 

19. When Something Is Wrong with My Baby - Sam & Dave 

20. Every Little Bit Hurts - Brenda Holloway 

21. Intermission - Blur 

22. Hocus Pocus (original single version) - Focus 

23. Radar Love (1973 single edit) - Golden Earring 

24. Never, Never Gonna Give Ya Up - Barry White 

25. Know How - Young MC 

26. Brighton Rock - Queen 

27. Easy - Sky Ferreira 

28. Baby Driver - Simon & Garfunkel 

29. Was He Slow? (credit roll version) - Kid Koala 

30. Chase Me (featuring Run the Jewels and Big Boi) - Danger Mouse 

 
Production companies
:Working Title Films 
:Big Talk Pictures 
:Media Rights Capital 
:Dneg 
:TriStar Pictures 
Distributed by
:TriStar Pictures (US) 
:Sony Pictures Releasing (International) 
:Sony Pictures Entertainment (Japan) 

Release Dates

:March 11, 2017 (SXSW) 

:June 28, 2017 (US/UK)  

:July 21, 2017 (Japan) 

 

 

 

Check!

 

 

 

  TeKillYah!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Car Action film  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




  team_yakumox_staff_M wrote. 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 












 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:エンターテイメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| DJ/NAVIGATOR | 19:36 | comments(0) | - | ↑TOP -
七夕 

 

wish on the stars...

これ以上被害が拡大しませんように。

 

 

Ward Off COVID-19 😷 

 

Pray for kumamoto 🎋 

Pray for Kyushu ✨ 

Pray for the world 🌏 

 

 

 

 

 

関連情報はコチラ♫ 

 

Tanabata 🎋 

 

wish on the stars.. 

 

Pray for.. 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

 

続きを読む >>
| DJ/NAVIGATOR | 03:58 | comments(0) | - | ↑TOP -
R.I.P. Sad to hear of the great Nobuhiko Obayashi’s death… 

 

 

RIP the great Nobuhiko Obayashi
Sad to hear of the great Nobuhiko Obayashi’s death

 

(写真は、第32回東京国際映画祭での1シーン。左から常盤貴子さん、大林宣彦監督。)


大林宣彦監督、いつお会いしても優しくてチャーミングな方でした。
在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

映画コメンテーター・DJ 八雲ふみねのコレ観てぇ〜。

 

 

 

自主製作映画の先駆者として、

CM草創期を支えたCMディレクターとして、

そして映画監督として、日本の映像史を常に最先端で切り拓いて来た“映像の魔術師”、大林宣彦監督。

 

ご自身の故郷である尾道を舞台にした『転校生』(1982年)、『時をかける少女』(1983年)、『さびしんぼう』(1985年)は“尾道三部作”と称され、世代を超えて多くの映画ファンに親しまれています。

 

そこで今回は、尾道三部作だけじゃない! 大林宣彦監督が世に送り出した名作4作品をご紹介します🎵 


 

この続きは、

 

コチラをご覧ください!! 

 

 

 

here! 

 

 

 

 

写真は、2019年11月1日に行われた

第32回 東京国際映画祭の特別功労賞 授賞式の模様。

TOHOシネマズ六本木ヒルズ開催された贈呈式にて

ご一緒させていただきました。

来場のマスコミの多さ。観客の皆さんの熱気がいつになく凄かったです。

 


この時の模様はこちらでご覧いただけます。

 

 

 

 

関連情報はコチラ♫ 

 

山田孝之、変幻自在のカメレオン俳優までの道程!!!

 

ナタリー・ポートマン 美貌だけじゃない! その華麗なるキャリアに迫る!!!! 

 

祝! 第43回日本アカデミー賞話題賞(俳優部門)受賞!! 星野源の魅力に迫る映画4選!!!! 

 

第32回東京国際映画祭で出会った、いま観るべき映画たち

 

大杉漣、そのいぶし銀の魅力に迫る!! 

 

前田敦子は、天性の“映画監督に愛される女優”だった!! 

 

デイリーアクセスランキング第1位ありがとうございます!

 

「女優になりたい」。14歳の頃からの“夢”を“現実”に変えて…。

 

爽やか! イケメン!! だけじゃない、松坂桃李出演映画4選 

 

変わらぬ美しさでファンを魅了!! 中山美穂出演映画4選♬  

 

イケメンぶりにハマります!山賢人さんを徹底解剖♬ 

 

稀代のカメレオン俳優!菅田将暉の魅力満載の映画4選!! 

 

 

また、 

 

Fumine Yakumo (八雲ふみね) Facebook ページでもどうぞ♫ (Coming soon) 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※写真はAmazonより

 

異人たちとの夏(1988年)
Blu-ray&DVD発売中 デジタル配信中 

 

【スタッフ】 

監督:大林宣彦
原作:山田太一「異人たちとの夏」(新潮文庫)
脚本:市川森一

 

【キャスト】 

風間杜夫、片岡鶴太郎、秋吉久美子、名取裕子、永島敏行 

  

 

 

 

その日のまえに(2008年) 
DVD発売中 デジタル配信中  

 

【スタッフ】 

監督: 大林宣彦
原作: 重松清「その日のまえに」(文春文庫)
脚本: 市川森一
撮影台本: 大林宣彦、南柱根


主題歌:クラムボン「永訣の朝 抄」

 

【キャスト】 

南原清隆、永作博美、筧利夫、今井雅之、勝野雅奈恵、原田夏希、柴田理恵、風間杜夫、宝生舞、寺島咲、村田雄浩、窪塚俊介  

 

 

花筐/HANAGATAMI(2017年) 

Blu-ray&DVD発売中 デジタル配信中 

 

【スタッフ】 

監督:大林宣彦
原作:檀一雄「花筐」(小学館 刊)

 

主題歌:門脇麦「月地抄」

 

【キャスト】 

窪塚俊介、矢作穂香、常盤貴子、満島真之介、長塚圭史、山崎紘菜、柄本時生、門脇麦 


(C)唐津映画製作委員会/PSC 2017  

 

 

海辺の映画館−キネマの玉手箱 

 

【スタッフ】 

監督・脚本・編集:大林宣彦
脚本:内藤忠司、小中和哉 

 

【キャスト】 

厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦、吉田玲(新人)、成海璃子、山崎紘菜、常盤貴子 

 

近日公開 

(C)2020「海辺の映画館 キネマの玉手箱」製作委員会/PSC 

 

 

 

  
                 ※写真はAmazonより

film

The Discarnatess 
(Japanese title: Ijin-tachi to no natsu) 
Now on Digital, BLU-RAY & DVD 
  
【Staff】 
Directed by Nobuhiko Ôbayashi 
Based on the novel "Ijin-tachi to no natsu" by Taichi Yamada, published by SHINCHOSHA Publishing  
Screenplay by Shin'ichi Ichikawa 
 
【Starring】 
Morio Kazama / Kumiko Akiyoshi / Tsurutarô Kataoka / Toshiyuki Nagashima / Yûko Natori   
 
Production company:Shochiku       

Distributed by Shochiku     

Release Dates
:September 15, 1988(Japan) 
 
  
 
 Japanese drama film 
 
 
 
 
 

            ※写真はAmazonより

film

Scenery to Remember    
(Japanese title: Sono hi no mae ni)
Now on Digital & DVD 
【Staff】 
Directed by Nobuhiko Ôbayashi 
Based on the novel "Sono hi no mae ni" by Kiyoshi Shigematsu, publised by Bungeishunju  
Screenplay by Shin'ichi Ichikawa 
Continuity by Nobuhiko Ôbayashi / Hisato Minami 
 
Theme song by Clammbon "Eiketsu no Asa - sho (Portrait of 'Morning of the Last Farewell')" 
 
【Starring】 
Kiyotaka Nanbara / Hiromi Nagasaku / Toshio Kakei / Masayuki Imai / Kanae Katsuno / Natsuki Harada / Rie Shibata / Morio Kazama / Mai Hosho / Saki Terashima / Takehiro Murata / Shunsuke Kubozuka 
   
Production company:Kadokawa Pictures / Producers System Company (PSC) / Wowow Films 

Distributed by Kadokawa Pictures     

Release Dates
:November 1, 2008(Japan) 
 
Japanese drama film 
        ※写真はAmazonより

film  

Hanagatami 
Now on Digital, BLU-RAY & DVD 
  
【Staff】 
Directed by Nobuhiko Ôbayashi  
Screenplay by Nobuhiko Ôbayashi / Katsura Chiho   
Based on the novel "Hanagatami" witten by Kazuo Dan  
Theme song by Mugi Kadowaki 
 
【Starring】 
Shunsuke Kubozuka as Toshihiko Sakakiyama
Honoka Yahagi as Mina Ema    
Takako Tokiwa as Keiko Ema  
Shinnosuke Mitsushima as Ukai    
Keishi Nagatsuka as Kira    
Hirona Yamazaki as Akine    
Tokio Emoto as Aso    
Mugi Kadowaki as Chitose    
Takehiro Murata as Professor Yamauchi    
Tetsuya Takeda as Dr. Ichijo
 
Production company:PSC / Karatsu Film Committee     

Distributed by Espace Sarou (Japan) 

Release Dates:December 16, 2017(Japan)  
  
 
 Japanese war film    
 
 
 

film

Labyrinth of Cinema  
  
【Staff】 
Directed by / Screenplay by / Film editting by Nobuhiko Ôbayashi     
Based on the novel"Step" witten by Kiyoshi Shigematsu, published by CHUOKORON-SHINSHA 
Music by Kaida Shogo 
Theme song:"Aru" by Motohiro Hata 
 
【Starring】 
Takuro Atsuki as Mario 
Takahito Hosoyamada as Hosuke 
Yoshihiko Hosoda as Shigeru 
Rei Yoshida as Noriko 
Riko Narumi as Kazumi 
Hirona Yamazaki as Kaya 
Takako Tokiwa as Keiko 
Yukihiro Takahashi as Fanta G  
Tadanobu Asano as Lt. Sako 
Shinnosuke Mitsushima as Kameji 
 
Production companies:PSC 

Distributed by Asmik Ace (Japan) 

Release Dates
:November 1, 2019 (Tokyo International Film Festival)
:Coming soon(Japan) 
 
 
 Japanese anti-war fantasy drama film 
 

 

here!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    team_yakumox staff M wrote.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:エンターテイメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事はコチラ 

 

『志村けんのバカ殿様 大盤振舞編』DVD発売記念イベントにてMC 

 

バカ殿さま〜♪〜(*´∀`*)〜〜(*´∀`*)〜♪ラララ〜

 

八雲ふみね司会情報:『志村けんのバカ殿様 大盤振舞編』DVD発売記念イベント 

 

 

また、 

 

Fumine Yakumo (八雲ふみね) Facebook ページでもどうぞ♫ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:エンターテイメント

 

 

 

続きを読む >>
| DJ/NAVIGATOR | 01:12 | comments(0) | - | ↑TOP -
RIP King of comedy, Mr. Shimura Ken… 

 

 

RIP King of comedy, Mr. Shimura Ken…

 


私にとっては、

子どもの頃からスーパースター的な存在の方でした。

 

 

 

写真は、2008年9月27日(土)に

ラゾーナ川崎プラザ内、ルーファ広場 グランドステージにて開催された

『志村けんのバカ殿様 大盤振舞編』DVD発売記念イベントにて

ご一緒させていただいた時の1シーン。

 

 

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

関連記事はコチラ 

 

『志村けんのバカ殿様 大盤振舞編』DVD発売記念イベントにてMC 

 

バカ殿さま〜♪〜(*´∀`*)〜〜(*´∀`*)〜♪ラララ〜

 

八雲ふみね司会情報:『志村けんのバカ殿様 大盤振舞編』DVD発売記念イベント 

 

 

また、 

 

Fumine Yakumo (八雲ふみね) Facebook ページでもどうぞ♫ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:エンターテイメント

 

| DJ/NAVIGATOR | 19:57 | comments(0) | - | ↑TOP -
日本初のトンネル試写会! そこには、目標に向かって突き進む人々のロマンと情熱があった!! 

 

 

 

 

 

MAEDA CORPORATION 

  

 

 

 

映画コメンテーター・DJ 八雲ふみねのコレ観てぇ〜。



今回ご紹介のオススメシネマセレクションは…!? 

 

 

 

 

  

内部はまるで秘密基地?! 
童心に返ってワクワク!! 

    

 

 

 


『前田建設ファンタジー営業部』は、1月31日(金)新宿バルト9、イオンシネマ他にて全国公開。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニメ「マジンガーZ」に登場する地下格納庫兼プールを、現在の技術および材料で建設するとしたらどうなるのか? 

 

現実的に実現不可能に思える空想上の建造物を、実際には建設しないのに“真剣に”設計して見積もりを…………

 

2004年以降の複数巻にわたる書籍化、そして2013年にニッポン放送イマジンスタジオでも上演された舞台化…………

 

実在の“前田建設ファンタジー営業部”が実現させた「日本初!トンネル試写会」に…………

 

試写会の会場となったのは、福島県にある広瀬1号トンネル…………

 

映画鑑賞にポップコーンは…………

 

日本の技術の底力、そして新市場を切り開くフロンティア精神を…………

 

 

この続きは、

 

 

 

 

コチラをご覧ください!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

here! 

 

 

 

 

 

 

関連記事はコチラ🎵 

 

 

 

 

 

“Mazinger Z” Version 

 

 

 

東日本大震災復興事業が“完遂する日

 

 

 

 

 

 

また、

 

 

 

 

 

 

Fumine Yakumo (八雲ふみね) Facebook ページでもどうぞ♫

 

 

 

 

 

映画『前田建設ファンタジー営業部』  

 

 

【キャスト】

高杉真宙 上地雄輔 岸井ゆきの 本多力 / 町田啓太

山田純大 鈴木拓 水上剣星 高橋努 濱田マリ 鶴見辰吾

六角精児 / 小木博明( おぎやはぎ)

 

主題歌:氣志團「今日から俺たちは!!」 

 

【スタッフ】 

監督:英勉
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
原作
:前田建設工業株式会社 『前田建設ファンタジー営業部1 「マジンガーZ」地下格納庫編』(幻冬舎文庫)
:永井豪 『マジンガーZ』

音楽:坂本英城
製作:川城和実 岐部一誠 有馬一昭 門田庄司 篠田学
エグゼクティブプロデューサー:?田健二
企画・プロデュース:佐治幸宏 プロデューサー:森重宏美 西川朝子 坂口慎一郎
撮影:小松高志(J.S.C)/ B カメラ:大嶋良教(J.S.C)
照明:蒔苗友一郎 美術:金勝浩一
録音:加来昭彦 装飾:中澤正英 衣装:宮本茉莉 ヘアメイク:石邑麻由 

 

2020年1月31日(金)新宿バルト9、イオンシネマ他にて全国ロードショー
(C)前田建設/ Team F © ダイナミック企画・東映アニメーション 

 

 

 

film

MAEDA CORPORATION Fantasy Sales Department (Japanese title: Maeda Kensetsu Fantasy Eigyo-bu)

 
【Staff】 
Directed by Tsutomu Hanabusa
Screenplay by Makoto Ueda (Europe-kikaku)  
Based on
Non-fiction essay "MAEDA CORPORATION Fantasy Sales Department 1'Mazinger Z' "Underground hangar" Edition ''
" by MAEDA CORPORATION, published by GENTOSHA
&
Japanese super robot manga series "Mazinger Z" written and illustrated by Go Nagai. 
Music by Shiro Sagisu
 
【Starring】 
Mahiro Takasugi
Yusuke Kamiji
Yukino Kishii
Chikara Honda
Keita Machida
Jundai Yamada
Taku Suzuki(DRUNK DRAGON)
Kensei Mikami
Tsutumu Takahasi
Mari Hamada
Shingo Tsurumi
Seiji Rokkaku
Hiroaki Ogi (OGI YAHAGI)
Distributors:BANDAI NAMCO Arts / TOKYO THEATRES   
Release Date:January 31, 2020(Japan) 
©︎MAEDA CORPORATION/ Team F ©Dynamic Production・TOEI ANIMATION    
 

here!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

here!

 

 

 

 

 

 

 

 

here!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Japanese Film    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    team_yakumox staff M wrote.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む >>
| DJ/NAVIGATOR | 18:17 | comments(0) | - | ↑TOP -
PROFILE

八雲ふみね連絡先
八雲ふみね出演依頼お問い合わせは
まで。
 
Tel 050-3335-2465

info@yakumox-city.com
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode